読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクセル・ワールド、魔法科高校の劣等生、ノーゲーム・ノーライフと、なぜ二期ではなく映画なのか

f:id:shinji92:20160719132628j:plain
先日、ラノベノーゲーム・ノーライフ』の劇場版が決定。


最近ラノベ原作アニメの映画化ラッシュが続いているけど、なぜ二期ではなく映画化が決定してしまうのか。
2期制作決定には円盤売り上げ5000枚が最低ラインと言われてる中、AW、劣等生、ノゲノラは全て余裕でクリアしている。

2期ではなく映画化をやるという事は、つまり2期をやるよりも映画のほうが採算が取れる、もしくはアニメ2期をやっても採算を取れる可能性が低い、という可能性が考えられる。

まず、アニメは1話あたりの製作費が1000万~2000万で、1クールで2億超と言われている。深夜アニメに関しては、その製作費を回収するには円盤を売る必要がある。円盤があまり売れなかった場合は赤字になる

しかし映画の場合だと、100分くらいの映画で製作費はおおよそ1億~2億くらいだろう。さらに、映画に関しては製作費の回収方法が、円盤の売り上げだけではなく興行収入という大きな要素があるのだ。映画の入場料が1500円だとすると、来場者数が15万人超えれば製作費の2億を回収することができる。アニメ化した作品はそれなりに知名度があるわけだから、そこそこの興収は期待できる。もちろん1500円すべてが制作会社のものになるわけではなく、すべて回収はできないだろうが、回収できなかった部分は円盤が売って回収すればいいわけだ。アニメ映画の円盤は、普通の1クールアニメの円盤よりも売れやすい。恐らく、劣等生、AW、ノゲノラの円盤は最低1万5000枚は売れると思われる。

つまり一言で言うと、2期ではなく映画を作る理由は、2期よりも映画のほうが製作費が回収しやすいからだ。

ちなみにジブリ映画の製作費は20億以上と言われているが、深夜アニメの映画でそんなにお金をかける事はあり得ない。



劣等生、ノゲノラは原作1巻あたりの売り上げは20万部以上、AWも10万部以上は売れている。つまり原作ファンもそれだけいるという事だ。原作ファンだけが映画を見に行ったとしても、チケット代1500円として、ノゲノラ・劣等生は3億、AWは1,5億の興収は期待できる。もちろん上映館数も関係するが。



ちなみに劣等生は宣伝費や作画などにかなりお金をかけており、制作側は、円盤の売り上げが1万程度では2期決定ラインではないのかもしれない。2~3万枚くらい売れたならば2期をやったかもしれないが。しかし映画化でかなり黒字だったならば2期をやる可能性は高くなる。

AWは、制作会社がサンライズで、ラブライブと一緒なのだ。とあるインタビューで、サンライズのスケジュールがラブライブのせいでしばらく空かないと言った事があったそうだ。つまり映画がそこそこヒットし、サンライズのスケジュールが空いたら2期政策の可能性は上がる。

ノゲノラに関しては、2期はいずれやると思われる。アニメも原作もかなりヒットしたのに2期をやらない理由がない。映画が終わり、落ち着いたら2期の決定は来ると思われる(あくまで推測)。


ソードアート・オンラインも来年の2月に映画が公開予定だが、あれは別だ。
A-1は、SAOの原作が続く限りアニメ化し続けると公言しており、3期がやれないから映画化をしたわけではないと思われる。
yusaani.com
また、上映館数が150館と、歴代深夜アニメでトップなのだ。他の深夜アニメ映画は、ラブライブが121、ガルパンが77、けいおんが137。
さらにSAOは劣等生やノゲノラとは違い、普段アニメを見ない層にもかなりの知名度があり、興収はかなり期待できるのではないだろうか。