読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍の良さに気付いてしまった...

f:id:shinji92:20160708233137j:plain
僕は本を買う時は、絶対紙の本だ!って決めつけていたんですよ。

なので、今までラノベや小説を買う時は、電子書籍じゃなく紙の本を、書店やAmazonで購入していました。

ブックカバーをつけ、汚れないように丁寧に扱いながら読んでいました。

f:id:shinji92:20160708233247j:plain

しかし僕は気付いてしまったんです。

電子書籍って読みやすくね!?』

紙の小説は、シミがついたりしたら終わり。取る事は出来ないです。諦めるか、新しく買いなおすしかないです。

しかし電子書籍ならばスマホタブレットに醤油がついても、ティッシュで拭けば落ちます!

そして電車や出先で読むときすっげー楽。ただ画面をスライドするだけの単純作業ですから。

でも一つ、電子書籍はデメリットがあるんですね...

まず、売る事が出来ないですね。飽きて読まなくなっても、売れないので放置するしかないです。そして、

本を読んだ気がしない。

f:id:shinji92:20160708233754j:plain

一冊の本を読み終わると「読み終わった!」って爽快感がありませんか?

僕は一冊全部読み終わると、なんか達成感があるんですよね。

でも電子書籍にはそれがない。漫画を読んだ時と同じような感覚(人それぞれですが)。

ですので僕はこうすることにしました。

自分が好きな作品=紙の本

ちょっと気になった作品=電子書籍

好きなシリーズの新刊だったり、好きな作家の本、アニメを見て『全巻揃えるぜ!』ってなった作品は、紙の小説を購入します。

アニメ化決定して、『この原作面白いのかな、チェックしてみよう』『ネットやテレビで話題になってるな、チェックしてみよう』というものは電子書籍を購入します。

電子書籍でチェックし、面白くてはまった場合は紙の本を買いなおします。

また僕の場合、ラノベを買い揃えるのはアニメグッズを集めるのと同じ感覚、というのもあるので。電子書籍はデータを買っているわけで、いわゆるスマホゲームに課金しているのと同じなのかもしれません。

ちなみに僕は一般小説はたまにしか読まないです。ラノベばっか読んでます。


......こう言ってみたものの、やはり電子書籍より紙の書籍のほうがいいのは確かですよね。電子書籍だと目が疲れますし。傍から見ると『遊んでいる』と思われる可能性もありますし。

紙の書籍で本を読んでいる人を見ると、『知的な人だな』『真面目そうだな』なんて思われそうですね。